無人産業ヘリ(農薬散布オペレーター)教習

月曜日から、農薬散布の無人ヘリオペレーターの教習に通っています。
一日目午前中は、GPSを入れた状態で、四角八の字の練習をし
慣れた所で今度は基本散布パターンで、エンドラインを50m位に設定して
2時間くらい練習しました。

GPSが入っているので、スティックを中立に戻せば自動でブレーキがかかり
停止するので、安心して練習出来ました。

実際現場に出る時は、GPSなしの機体を使うので
今度はGPSなしで基本散布パターンで、エンドラインを75m位に設定して
慣れるまでひたすら練習しました。
(まだこの段階では、散布させずパターンのみの練習をしました。)

一日目はこんな感じで終わりましたが、何だかんだと20年経っていたので
飛ばせるか?過去の色々なトラウマがよみがえり、本当に心配でしたが
普段マルチコプターを操縦しているので、大型の機体とエンジン音で
しばらくビビッてましたが、特に問題なく操縦出来たので良かったです。

今日2日目は、GPSなしで姿勢制御がもう少しゆるいモードで
昨日に引き続き散布パターン(散布なし)を午前中いっぱいまで
ひたすら練習しました。

しいて言えば、テールの動きが敏感になった以外は特に
難しい事もなかったので安心しました。(昔のR-MAX程度の制御だったはず・・・)

午後からいよいよ、エンドラインを基本の100mに設定して、散布なしで
何度か練習をしてから、無線で合図をして貰い散布(水)を出す練習をしました。

この散布スイッチをオン・オフする時、機体の操縦に余裕が無いと
スイッチをオン・オフするたびに、機体が暴れたり、オーバーランしたり、
散布のタイミングが合わなかったりします。

過去、このスイッチの操作で機体が暴れたり、オーバーランさせたりと
散々でしたので、緊張しましたが、今回は機体の操作に余裕があったので
散布スイッチも嘘のように容易に操作する事が出来ました。(良かったです)

オーバーランに関しても、オーバースピードでエンドラインに進入しなければ
丁度良い所で機体が止まるようで、その感覚も無線で教えてもらいながら
練習出来たのでとても勉強になりました。

今では、無線は同時通話で話せるのでとても安心です。

明日は教習はお休みで、あさって15日が最終日で、変形した圃場で
少し練習してから、いつもの練習場へ行き、最後の見極めをしてもらい、
合格すれば晴れてオペレーターになれます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

シーピーラボ代表

Author:シーピーラボ代表

広告

トラックバック