ドローン資格について

業務でドローンを飛ばす時に・・・
これまでは資格は必要なくて、国土交通省に飛行許可申請をすれば
飛ばす事は可能でありましたが、今年の春頃?から、車の免許のように
国家資格ではありませんが、民間の操縦スクールの登録を始めたようで
いよいよ規制が厳しくなってきたようですね。

自分はある所の認定講師をしているのですが、ここも申請中だそうで
認可が下りれば、自分の所で国交省認可された免許?のような許可証?が
発行する事が可能になります。

ただ、この制度なんですが・・・

???な所が色々あるので、突っ込みたいのですが、
今は下手に突っ込みを入れると、自分が活動出来なくなるので
しばらく黙っていようと思います。

それにしても、大体どこも30万円ほど費用が掛かるようですが
今後しばらくは、スクール事業は右肩上がりで稼げるでしょうから
チャンスなんでしょうけど、その反面、どれだけ国交省が、認可スクールの数を
増やすか分かりませんが、あっという間に飽和状態になり、価格破壊を
引き起こす可能性は否定出来ないと思います・・・

自分は認定講師をやってて何なんですが、スクール事業に関しては、
納得出来ない事があるので、積極的に活動するつもりはありません・・・笑

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

川上さん、あけましておめでとうございます。

早速サイト拝見しました。

去年からこのようなタイプのドローンの販売が増えてきましたね。

自分がここでコメントを書くと、非公開に出来なくて、公開になってしまうので
詳しく書けませんが、自分も持っているフライトコントローラなのですが

ここ↓
http://www.japandrones.com/

のPixhawkとGPS+コンパスのセットがあるのですが
これ、オープンソースなのと、Arduino(ARM)ベースで
言語はC++もどきなのですが、開発環境も無償で利用できますよ。

多分守秘義務とか無かった気がします。

おまけに無償で、グランドコントロールステーションも使えますし
比較的簡単で安価にデータ通信も出来ますので(電波到達距離は技適関係で
最大で1.2Kmですが・・・)

川上さんが実現したい事が比較的簡単に出来のでは、と思いました。

さすがにドローンのサイズは、モーター間が330mm以上は必要ですが
フレーム・モーター・アンプ・バッテリー・プロポなどなど
必要な部品を購入しても、10万円掛からないと思います。

おまけに無償で、グランドコントロールステーションも使えますので
川上さんが実現したい事が比較的簡単に出来のではと思いました。

もし購入の際はここ、正規サイトで購入して下さい。
正規品を販売しているのはここだけです。

他のサイトでは、中国で作られたクローンが多数存在しますので
クローンは不具合が多発しています。

サイトに(リンク先)に沢山の情報が載っていますので、一度覗いてみてください。

何かヒントになれば幸いです。

他に何かあれば分かる範囲でお答え出来ると思いますので

いつでも声掛けてください!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント