デモフライト等一応無事に?終了

今日午後からデモフライトに行ってきたのですが、
某大手通信会社の通信機器と繋いでから、
言われるままに、高度を60mまで上げて360度パンしてみたり
ここの建物の屋根にソーラーパネルがあるので、カメラを真下にむけ
距離にして50m位を映してみたりと約15分位のフライトでした。

それから色々と質問されて答えたり、PC用フライトシミュレータも持ってきたので
操縦体験もしてもらったり、マルチコプターの事を知ってもらいました。

今テスト中の実証機も持って行ったのですが、
当初は展示だけのつもりだったのですが、飛ぶ所をどうしても
見たいと言う事で、この場所はDID地区ではなく、30mルールもクリアーしていて
土地の使用はOKなので、まだ調整中だったので、念の為、
高さ1m位でホバリングしていたのですが、突然姿勢制御の
異変が出てバランスを崩したので、万が一の事を考えて(フライアウェイ等)
緊急着陸と言うより、安全の為落としました。
スキッドは折れましたが、機体自体はまったく問題ありませんでした。
(これ知らない人が見ると墜落に見えるんですよね・・・汗)

デモフライトは一応無事に終わり、自分は姿勢制御の異常現象を
再現する為に、室内練習場へ行き確認をしましたが、やはり何かが
壊れているようで、家に帰ってから色々と分析しました。

昨日はモーターに問題があったので、モーターは全交換済みで
問題は無いと思うので、ESC(スピードコントローラ)かと思い
スロットルのオン・オフを何回か行い、モーターの回り始めと
回り終わりのばらつきや、プロペラを外して、モーターの軸に
テープを貼って(回転の確認用)ホバリング位までモーターを回して、
回転に異常が無いか観察をしてたのですが、大丈夫そうでした。
(まだ原因候補ですが・・・)
何となくですが、フライトコントローラが怪しいと感じたので
フライトコントローラを別の新しい物と交換してみました。

明日、室内練習場でテストしてみます。

コメント

非公開コメント