やりにくくなりましたね・・・

ニュース見ました。
官邸にマルチコプターが墜落していた事件
しかも放射能反応している入れ物?を取り付けて・・・汗

自分が入っている無人機の協議会の理事長や、各関係者の方々が
テレビやホームページ等で説明していましたが・・・

無人機は活用範囲が広く、とても便利な物なので自分も世の中に役に立つ
物を作る為に努力していますが、このようなこころ無い(何か意図があったんだろうと思う)
奴の行為でまじめに研究開発している人達まで、悪く思われる事が非常に胸糞悪いです!

農薬散布ヘリの場合は、オペレータの認定証や航空法などの法律の勉強
機体は登録され管理されていました。(オペレータやってたので)

無人機に対しても、このような決まり等を早急に整備して、安心安全に
開発や運用が出来る環境を整えて欲しいと思いました。

前々から気になっていましたが、販売店の売り方に問題があると
常々思っていました。

確かにGPSや各種センサーを使用しているので、誰でも比較的簡単に
飛ばせるようになりますが、もしフライアウェー等トラブルが起こった時は
やはり最低限度のマニュアル操作が出来ないと、リカバリーもしくは
出来るだけ安全な所へ落とす等が必要になってきますので・・・
(無人機運用自主規定に、万が一の時、安全に墜落させる事があります)

ただこれは産業用の場合なので、趣味で飛ばしている人達には
分かるはずも無いので、(一応RCの自主規定はありますが)

可変ピッチコプターのフライトコントローラも乗せ替えたし
完全防水コプターのフレームも無事に発注出来たので、製作やテストをしたいのですが
こんな事件が起こってしまったので・・・

これは一人作戦会議ですね。

コメント

非公開コメント