可変ピッチコプターのモーター交換

今日の午後、機械の組立の打ち合わせで、隣の県まで行ってから
夕飯を食べてから、この前から言っていた可変ピッチコプターの
モーターの交換をしました。

今まで付いていたモーターは450クラスのヘリ用のモーターで
KV値が1700KV、出力が300W~500W位だったのですが、今回交換したモーターは
500クラスのヘリ用モーターで、KV値は1450KV、出力は1500Wと3倍の出力になりました。

大きさはこれだけ違います。(写真は分かりにくいかもですが、感覚的に1.5~2倍大きくなった感じです)
P_20150416_232204.jpg

アンプは今使っている奴で大丈夫そうなのでそのまま使用しました。
取り付けはこのサイズなので、プーリーの内径を広げて、モーター取り付け穴も
ピッチが違うので、長穴に加工して無事に搭載出来ました。
(写真みれば分かるんですが・・・笑)

軽く回してみたのですが、さすがに3倍も出力があると、余裕な感じでした。
恒例の室内ホバリングで様子見たかったのですが、家族に怒られたので
天気が良い日に外で飛ばしてみようと思います。

今バッテリーは6Sの1300mAhを使っているので、5分程度しか
フライト出来ず、1本しか持ってないので、調整もままならなかったのですが
モーター変えたので、4Sの2200mAhなら4本持っているので
これで飛ばせたら調整も余裕で出来るんですけど・・・

ちなみに、このスティングレイ500は元々4Sで飛ばせるのですが
自分のはなぜか?4Sで飛ばず、6Sなら飛ぶと言う良くわからない機体なのです。
(スロットルカーブもピッチカーブも調整してるんですが・・・汗)

それはさて置き、災害用コプターの製作もぼちぼちと進んでいまして
機体も半完成しました。

後はメカ搭載や飛行調整、資料の製作等になります。
こちらはトップシークレットなので(大袈裟な^^;)
詳細も写真もお見せできないのが残念です。

更に、完全防水の機体も1機製作したいし・・・

ちなみに、災害用は取り敢えず防滴仕様で大丈夫だと思うのですが・・・

ある装置、今月中に納めたいので、この機体はその後に
製作と言う事にしました。(一度に作りたいのですが・・・)

踏ん張りどころです^^;

コメント

非公開コメント