準備は着々と進んでいます。

この所特に忙しい訳では無かったのですが、(消費税の影響が出てきたようです・・・)
ブログの更新久しぶりです・・・汗

現在本業の方は・・・仕事がほとんど無い状態が一ヶ月位続いています・・・汗
開業して3年半、初めての事です。
転換期に来ているようなので、そろそろかな?と思っています。
所で、仕事が無い間は防災訓練の準備とか撮影業務の準備とか
していました。
先週、第三級陸上特殊無線技士の免許証が届いたり
趣味で飛ばす時は(技能向上目的でドローンレースとか始めようかと)
今更なのですが、ラジコン操縦士の登録をしたり
東京海上日動保険のドローン保険の加入も済ませ(9月4日から一年間)
撮影業務を本格的に始める為に、軽量なミラーレス一眼レフカメラを購入したり
(静止画専用、動画はGoPro3で)
このカメラ専用のジンバルを用意したりしていました。

今は下手に外で飛ばすと通報されるそうなので、室内で出来る
PCのフライトシミュレータで練習したり(マルチコプターあり、FPV飛行モードあり)
や、手のひらサイズのシングルローターヘリ(普通のヘリコプター)ラジコンで
技術保持等練習をしています。

聞いた話しですが、業務で飛ばす時も許可とか手続きが複雑になったそうです。

9月4日にリハーサルがあり、その時にようやく自分の役割が分かるらしく
事前に説明はしてあるのですが、それでも無理なフライトをするような
シチュエーションにならなければ良いなぁ~と・・・
(駄目な事は駄目と言いますが)

週間天気予報では4日は晴れ、6日は曇りなので多分天気は大丈夫だと
思いますがいざと言う時に、防滴対策を出来るように準備しておこうと思います。

今はこんな感じです。

防災訓練用

県の総合防災訓練の時、本部に自衛隊の救助の模様を、モニターで公開する予定なのですが
先日会場へ下見に行ってきました。

本部から救助するであろう場所(水上)まで100m以上あり、その間には雑草が生い茂っており
本部からは水面がまったく見えない状態なので、目視飛行も難しいですし、救助している位置も
まったく見えないので操縦する時は、潟の水際まで行く必要があります。

そこで問題が発生するのですが、本部に置くモニターから、潟の水際まで50Mはあります。
自分は操縦している時、カメラアングルを確認しながら、基本的に目視飛行させるので
もう一台モニターが必要なのですが、50mも有線ケーブル引くわけには行きません。

当初購入予定だった業務無線を購入して、受信機を2台用意すれば解決するのですが、
免許は取得したのですが、この無線機が余りにも高いので、今回購入を断念する事になりました。

そこでDJIのライトブリッジを使い、受信機&送信機を1台追加購入し
これを映像受信専用にして本部に置けば解決!と言うことで早速購入しました。
これだと業務無線機より1/4位の予算で収まるので良かったです。
(いずれ業務用無線機は購入しますが・・・)
このライトブリッジですが、標準のOSDでは緯度と経度の表示をしないので(普通は使わないですよね)
災害時、現場の位置を伝える為に絶対必要なので、裏技を使い、緯度と経度を表示させるように
しました。(これで完璧です)

万が一の時の予備機が欲しい所ですが・・・DJIの商品は他社の物と組み合わせて使えないので
フライトコントローラとライトブリッジ一式+ライトブリッジ送信機&受信機を揃えると・・・
予算が厳しいので断念しましたが・・・

予備機を何とかしなければ・・・汗