スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多機能回転計計測出来ました。

先日せっかく購入した多機能式回転計が100000rpm以上計測出来ないと
言ってたのですが、今日改めて計測に挑戦したら・・・

問題なく100000rpm以上計測が出来ました。
後で分かったのですが、前回計測不可能だったのはセンサーが運転中にずれていた為でした^^;

ちなみにカタログデータの160000rpmに程遠く、燃料ポンプの能力不足なのか?
それとも、JJ-1400の性能に偽りがあるのか?は分かりませんが
123000rpmまでしか回りませんでした。

圧力計は0.11Mpa位だったので、グラフを見ると140000rpm以上回っているはずなのですが・・・

流量計があればもっと正確に分かるのですが・・・

軸出力に使うので100000rpmも回れば十分なんですけどね^^;

それにしても目の前で123000rpmも回ると、迫力も半端なくて正直怖かったです^^;

スポンサーサイト

6桁表示の回転計見つけたんですが・・・

この所のトラブル続きでかなり気が滅入っていたのですが、気を取り直して
100000rpm以上計測出来る、安価な回転計を探していました。

気が付かなかったのですが、これまで何度か回転計を購入しているお店に
なんと!6桁表示多機能回転計が販売されているではないですか!!
(見落としていました・・・汗)

説明を見て見ると、20rpm~100000rpm程度と書かれていたので
これはもしかして多分、100000rpm以上計測出来るであろうと思い、購入したので
昨日試してみました。

動画や写真はありませんが、今回はマグネットセンサーを使いました。
早速エンジンを始動しました。

アイドリングから徐々に回転を上げて行き、回転計も正常に計測しています。
80000rpm辺りから、一気に回転を上げたのですが、100000rpmまでは
表示しましたが、そこから先は・・・0表示になり計測が不可能でした・・・汗

期待していたのですが・・・
圧力で大体回転数は分かるのですが、やはり回転計で最高回転数の
160000rpmを拝みたかったのですが・・・

仕方がないので、自分の頭の回転数でも測って見ますわぁ~???って
(おい!測れる訳ないって!と一人ぼけ・突っ込み・・・爆)

親父ギャグはさて置き、早かれ遅かれECUとFADECが必要なので頑張って稼いで
買います^^;

突然ですが、撤退します。

これまでマルチコプター等のUAVを作ってましたが
今年に入り乱立乱売が激しさを増して、自分が参入する事が困難と
判断しましたので、撤退する事にしました。

これからはジェットエンジン一筋で行きます!

所で本業の方なのですが、実機の航空機事業に来年から係る予定だったのですが
急遽、先週から初仕事をしました。

守秘義務があるので、写真や詳細は書けませんが
航空機用動翼タービンの製造に係る、アルミベース冶具の溶接修理をしました。

来年から、産業機械の部品等の溶接請負量を減らして航空産業の仕事が増やせれば
と考えています。
(産業機械の溶接請負単価がかなり落ちて来たのと、いい加減な取引をしてくる所があって
限界に来たので・・・)

今後は未来産業に力を入れます^^

プロフィール

シーピーラボ代表

Author:シーピーラボ代表

広告

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。