スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可変ピッチコプター進捗状況

午前中は溶接仕事をして、午後はチョイと用事を済ませてから
可変ピッチコプターの続きをやってました^^

結局4機分のフレームを真っ二つに切って、アングル材など使い
形になりました^^

Variable pitch quad
450サイズのヘリのテール部分をそのまま使ったので
どえらく大きなコプターになってしまいました・・・汗
(軸間860mm)

これでは、自分が持っている制御装置では制御出来ないので
ベルト駆動なんですが、半分の長さのベルトに交換する事にしました。
(軸間480mm)

これから、モーターの取り付け位置や、制御装置や、バッテリー、ESCなどの
レイアウトを考えようと思います。

どうでも良い話しなのですが、自分が乗っている車(ホンダ・ライフJB5)の
走行距離が、丁度駐車場に止めた時に!

88888.jpg

一応ぞろ目になってました^^;

ただそれだけです^^;



可変ピッチクワッドコプター作ります。

海外では数年前から、日本でも最近大学と共同で製作されてたり
個人の方でも製作されています、可変ピッチクワッドコプターの製作を
以前に作ると宣言したので、有限実行します!

一部を除く、必要な部品揃っていたのですが、体の事や本業の事で
色々とあり延期をしてたのですが、最近は開き直って?コプターも
3機一気に完成させたので、勢いがあるうちに作ります。

足りない部品が届くのに1週間程度掛かりそうなので、本業の合間を
見ながら設計を始めようと思います。

Variable Pitch assy

この写真は450クラスのヘリの格安キット4機分なのですが、テールローター関係4機分と
メインローター部分1機分しか使いません・・・汗
(もったいないのですが^^;)

話しが変わりますが、ず~と出来なかったマルチコプターによる、180度パノラマ撮影のテストを
再開します。

撮影対象は不動産関連です。

3機目のコプターが完成です

中々時間が取れなかったのですが、ようやく今日時間が取れたので
3機目のコプターの製作をしました。

変形型のフレームで(デッドキャットの一回り小さい奴)こいつは
いよいよ、オートパイロットのテスト用に使う為に作りました。

そこで前回作ったコプターの制御装置を今回のコプターに取り付けて
(この制御装置が唯一オートパイロット機能を持っているので)
前回の奴にはFY-DOSと交換しました。

quad4.jpg

今更なのですが、機体の前後を分かるように、かなり明るいブルーLEDを
取り付けました。(目が痛いです・・・汗)

時間がある時に、各パラメータを調整してオートパイロット飛行の準備を
しようと思います^^

プロフィール

シーピーラボ代表

Author:シーピーラボ代表

広告

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。