完成しました

今日も午後からメカ積みの続きをして完成したので
リンケージやプロポの設定などを済ませました。

後は仕事の合間に天気の良い日(何時になるか分かりませんが)
あればまずは基本的なテスト飛行調整を行おうと思います。
kanseiuav.jpg

ちなみにこのテスト機のデータですが

TECH ONE HOBBY マーキュリー
全長 1030mm 
翼幅 1400mm
重量 630~700g
モーター KV1600
ESC 20Amp
プロペラ 6×4E
サーボ 9g×4個
バッテリー 11.1V 3S 1500mAh-2200mAh
(スペースと重量の関係で850mAhを使用)

こんな感じです。

今日はこの辺で^^;





途中経過です

今日は昼間で本業をして、午後からメカ積み作業をしました。

何せメカ室が狭いので前回のパークJet同様、メカ類のレイアウトと
配線の取り回しなど苦戦しながらほぼ完了しました。
meka.jpg

結局スピコンを外に追い出すことで、制御装置のスペース兼
ノイズ対策を兼ねる事が出来たのですが・・・

問題が発生したのですが、何とか解決出来そうなので後日
修正しようと思います。

所でGPSですが、写真はメカ室に突っ込んであるだけですが
主翼の上にマジックテープで固定する予定です。

この飛行機の積載量以内の収まるので、一安心です^^

明日も引き続き作業を進めようと思います。


ちなみに今作っている飛行機(UAV)やクワッドコプター(MAV)は
まだ実験機ですので実用段階ではありません。

データ等やノウハウ等を蓄積して、それを元に実用機の開発を
始めようと計画しています。

目標は2013年中にどちらも完成予定です。

今日はこの辺で^^





やってしまいました・・・汗

朝から本業の溶接をしていたのですが、今日もめずらしく天気が良く
風もほとんどなかったので、仕事の合間に初飛行しました!

各作動等のチェックがOKだったのでいざ!手投げでテイクオフ!と
機体がどんどん上昇するはずだったのですが、スロットル全開なのに
機体は落ちて行きます。

慌ててエレベーターで調整するも上昇せず5メートル先でペタンと
落ちました・・・汗)(ペラを折っただけで済みました)

よく考えたら、この飛行機の標準の搭載機器の他に
自動制御装置やらGPSやら余計な?機器が載せてあるので
総重量を測ったら380g以上あり、カタログデータを見ると
130gだったので、約3倍の重量になってました・・・汗
(そりゃぁ飛びませんわね・・・)

で、軽量化出来ないので、このパークJETをUAVにするのは
諦めて、(違う用途で使います)当初言っていた
低速中距離巡回用のUAVを進める事にしました。
(無駄な時間と費用を使ってしまいました・・・汗)

以前の写真ですが・・・
fpv.jpg

実はもう既にメカ積みを始めてます^^;
この機体は大きいので積載重量にも余裕があるのですが
写真では分かりづらいかもしれませんが、メカ室が狭いのです・・・
(認めます、機体の選択ミスです^^;)

この機体もメカ積みは手ごわいです。
予定が大幅に狂ってしまいましたが、しばらく
代わりの機体が買えないので、これを立派な?UAVに仕立てようと思います。

今日はこの辺で^^;

90%完成です

昨日の夜数時間と今日の午後から製作を再開して
中々決まらなかったレイアウトも決まり(ノイズ対策の為時間が掛かりました)
メカ済みも終わり、データ通信用のソフトとの通信も問題なくようやく90%完成に
こぎつけました。

一枚目の写真は、コンパスを置いて北に機体を向けて、制御装置の内臓コンパスに狂いが無いか?
チェックとGPSの信号も捕らえているかチェックしたりしました。
GPSが衛星信号を4個以上キャッチすると、赤のLEDがフラッシュのように点滅します。
(この時は5個衛星信号をキャッチしてました)
uav2.jpg

二枚目の写真は、取り敢えず付属のデカールを貼る事にしました。
(受信機のアンテナの処理と、データ通信用のXBeeを収縮チューブ処理が
まだ終わってませんが^^;)
uav3.jpg

後は実際に飛ばしてみて、パラメーターなどの調整をして、調整が完了したら
ゴーホームモードでテストをしてOKならいよいよウェイポイントを設定して
オートパイロットモードのテストになるのですが、明日から年末年始にかけて
本業の溶接の仕事が盛り沢山なので、いつテストが出来るか未定です・・・汗

今から少しだけフライトシミュレータで練習して、明日からの本業がんばります!

今日はこの辺で^^

クワッドコプターFPV仕様(脚を変更)

製作が進んで無いので写真だけ載せます。
QuadandAirPlans.jpg

丁度写真で見えるアンダーフレーム(長穴が2つある部分)にカメラマウントに付けた
CCDカメラをそこに搭載し、サーボでティルトが出来ます。

そんな感じです。